庄内平野グルメ行脚・Ver.2

コチラは山形県庄内地方を中心に味はA級・値段はB級な絶品グルメを求め彷徨い歩く庶民派食べ歩きブログです♪

カテゴリ: 三川町エリア・ラーメン


今だ先の見えないコロナ禍でも新規出店はあるもので、現在ラーメン好きな方々の間で話題沸騰しているお店と言えば今月13日に新庄市内に待望のOPENを果たした“ケンちゃんラーメン新庄店”ではないでしょうか?

系列店12店舗めの出店は熱烈なファンが多そうな最上エリアで今後多くのお客さんを獲得しそうですね(汗)

そこでこの日の麺活会場としてやってきたのは…

VS2NgLJoZ0xLlmC1595635692_1595635715

OPEN協賛記念としてとってもご無沙汰していた“ミカケン”であります!

※前回までの訪店記事 ①中華そば・身入り編

立地条件の良さから他系列店に比べ基本、行列回避は難しいだけに素直に連結します。

さて無事案内された店内はカウンター×6、フロア中央のテーブル×8席は4席に縮小され小上がりは2卓とそのままのレイアウト。

メニュー

9btwYpveHzJFQST1595635746_1595635787

ケンちゃんと言えば特有のお好みの味を指定してのオーダーになる訳ですが、今回は…

 ▼中華そば・大盛 【こい口・油っぽく・ネギTP・硬め】     ¥900+¥50
9d49WRBH0XIcKJD1595635807_1595635826

ケンちゃん自体メチャメチャご無沙汰していただけにここは奮発してガッツリ大盛で(笑)

BOpvJPQ8OsTZXur1595635847_1595635902

テンションが跳ね上がる中、啜ったお馴染みのニボ・ブタに昆布の旨味がグンと訴えかけるスープは今回久しぶりの摂取だけに禁断の“こい油”コールで予定通りのギリッとコッテリとした味わいに眠っていた何かがすぐに覚醒(笑)

pe77IijkejHgdN51595635918_1595635955


mH0zCzWUFLMHXGr1595635986_1595636035

具材には前回訪店時以降、肩ロースからバラ肉に変更されたチャーシューが今ではミカケンの特徴であり、ジャキジャキの短めメンマに海苔・油っぽくで自動的に搭載される腹油は他系列店より味付けが浅めなのが印象的で“こい油”にはズバリ!もれなく合わせたネギのトッピング効果もあり丼一面は具沢山(嬉)

aatIHdG3PnbuFlH1595636058_1595636075

そして今回最大のポイントになったのが自慢の自家製極太ちぢれ麺で、良く見れば見覚えのある斑点が…(驚)

これはもしやいつからか全粒紛仕様に移行されたものか?残念ながらこい油のオーダーによりハッキリとした感じは掴めませんでしたが、これは収穫♪

しかも硬め指定でコンディションは抜群な域をキープしており最後まで美味しく頂けました!


こりゃ~次回は一度は試してみたかった“油抜き・身入り”で決まり!!

HC2ZIE8nLaGU0l81595636095_1595636108

後半はお約束の唐辛子をフリフリしてよりジャンクな味わいに味変しフィニッシュ

結果、個人的にはやはり“こい油Ver”なら思った通り余目店・三川店がしっくりくるようです。

やっぱりケンちゃんはヤバイ食べ物ですね~!旨い!!ごちそうさまでした!!!
【電話番号】0235-66-3131
【営業時間】11:00~14:00
【定休日】月曜日


この日のお昼は三川町でランチすることに。

イメージ 1

こでやって来たのは鶴岡市の前店舗から15年9月に現在地のなの花ホール内に移転OPENされた『大漁』さん。

※前回までの訪店記事 ①鯛ラーメン塩+鯛めしセット編

飲食店だったテナントに居抜きで入られただけに、洋風スタイルでテーブル席やボックス席が沢山完備された店内は単独から少人数のグループのお客さんまで幅広い客層の利用が見受けられますね。

メニュー

イメージ 2

動物系油脂不使用・無化調に拘った鯛ダシに特化しているメニューから今回は…
▼極旨!鯛だしつけ麺・大盛り ¥750+¥100
イメージ 3

塩や前回未レポだったしょうゆは攻略済みだったことから今回は最もハードルの高いネーミングが印象的なつけ麺を期待を込めて大盛りで(笑)

    イメージ 4
              イメージ 5

レモンスライスを投入することで柑橘系の酸味をアクセントにしたつけ汁は鯛をメインに数種類の出汁からなるそうで節系なんかもブレンドされている気がしますが、いかんせんピリッと効かせた豆板醤系の辛味が支配的なことからベースの出汁が感じ難く鮮魚系ならではの繊細な旨味が存分に味わえそうなあっさりテイストをイメージしていただけにちょっと残念…

具材には短めの穂先メンマに水菜・少々筋ばった刻みチャーシューに刻み海苔。

イメージ 6

麺はリーズナブルな価格が魅力の姉妹店・絶豚さん同様の自家製中細ストレートでしょうか。

イメージ 7

未食のメニューもありますが今のところは塩に鯛めしを合わせたセットがイチオシかな?

ごちそうさまでした。

※2019年3月末をもって閉店されました。
【電話番号】0235-66-4863
【営業時間】11:00~14:00
【定休日】火曜日


イメージ 1

この日はまたしても新店情報をキャッチし、潜入すべくやってきたのは三川町のショピングセンター・ラコス。

イメージ 2

今回のタ―ゲットはその中の一角にフードコーナー的な規模で4月に新規OPENされた『ツバサ』さんであります!

お店は前金制・配膳から返却まで完全セルフ方式で、カウンター風に設置された長テーブルに3席、4人掛けテーブル×2までがパーテションで区切られていますが、その外側にも自由に利用できる丸テーブルが数席用意されていてそちらも使用可の模様。

客層的には買い物ついでに立ち寄る家族連れの方々が多く見受けられますね。

メニュー

イメージ 3

ちなみに目隠しされているのはおにぎりなんかのご飯モノのメニューで、落ち着いた頃に提供開始されるものと見られます。
      ▼銀のツバサラーメン【硬め】¥650
イメージ 4

所謂チャーシューメンで、金の~はこれに味玉が搭載されるようですね。

煮干しや鶏・豚がメインというダブルスープはかなりライトな味わいで、どちらかと言えば鶏の主張が強めで煮干しの風味がやんわりとアプローチ。

幅広い客層獲得を意識してか基本醤油ダレを薄めに設定しているようで、お好みで醤油ダレで調整するよう案内がありますがやはりスープ自体に少々物足りない印象が残ります。

    イメージ 5   イメージ 6

具材はスタンダードなタイプのメンマにネギ・ズラリと並べられたチャーシューは2種類の部位を使用したものでしょうか?肉質も良く美味しいですが、スープがライトな仕上がりだけにもう少し味の滲み込みが強めの方がバランスは良さそうです。

イメージ 7

麺は同町の丸喜製麺所製の中太縮れ麺。

イメージ 8

硬め指定した麺はプリプリとした食感が心地良く旨し!麺量もそれなりでコスパはズバ抜けて良く嬉しい限り

イメージ 9

営業時間も長めでお昼はもちろん、仕事帰りにも利用が可能なのはポイント高しと言ったところで、今後軌道に乗ればお店の雰囲気も少なからず味の印象に影響することから改装にも力を入れて欲しいですね。

開店おめでとうございます!ごちそうさまでした!
【電話番号】080-1677-5468
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】不定休


イメージ 1

この日のお休みは旧国道沿いで営業していた『はらだ』さんが庄内支庁付近に移転してしばらく経つことからお邪魔することに。

※前回までの訪店記事 ①中華ラーメン・大盛り編

コチラは夜の宴会なんかをメインにする割烹屋さんですが、どうやら経営者が同じだったようで移転後の現在はお昼の営業でラーメンを提供する2毛作スタイルに集約されたようであります。

居酒屋のような和風の落ち着いた店内はカウンター6席ほどに8畳二間に4卓と個室一部屋を開放されているようで家族連れには利用しやすいゆったりレイアウト。

メニュー

イメージ 2


イメージ 3

どうやら味噌・醤油・飛魚の3本柱をメインに平日限定でお得なセットメニューも展開しているようですね!
       ▼飛魚ラーメン 【硬め】 ¥700
イメージ 4

一番人気は意外にも味噌系のようでギリギリまで迷いましたが、今回は飛魚に特化したメニューを。

イメージ 5

庄内ではお馴染みの飛魚に焦点を当てたスープはどこか酒田の老舗に通じるようなあっさりとしたテイストで少々口に残るのは干しシイタケの成分でしょうか?けっこう醤油を強めに効かせた印象を受けますね

    イメージ 6
              イメージ 7

具材にはメンマ・海苔・ネギ・情報では大判タイプと聞いていたチャーシューは小振りなタイプでしたが素材感を活かしたスープの邪魔をしない仕上がり

イメージ 8

麺は四角い中太ちぢれ麺で硬めでお願いしたこともあり、茹で加減は良好!プリプリとした弾力が楽しい

イメージ 10
              ●餃子¥300
イメージ 9

前回時、そのコスパの良さから次こそ食べようと思っていたしっかりと焼き目がついた餃子は香味野菜を程良く効かせた餡がみっちり詰まっており、どこか割烹のエッセンスを取り入れたような丁寧な仕事ぶりでキッチリと計算されたバランスの良さが光る美味なる一品!!

イメージ 11

ごちそうさまでした!

【電話番号】080-5844-0545
【営業時間】平日11:00~14:00・土日祝日11:00~14:30
【定休日】火曜日(祝日の場合営業、翌週水曜お休み)


先日いつも拝見している某ブロガーさんが記事をアップされているのに触発され、それなら私も行こかいなと過去何度もフラレ続けたお店へLet'sリベンジ!とばかりにやって来たのは旧国道から庄内支庁へと降りてゆく角に佇む『みかわ』さん。

イメージ 1

今では本線が7号バイパスに移行したことでこの通りは車通りが昔ほど多くなくなったことが逆に吉とでたのでしょうか?お店の前にはお客さんと思しき路駐の車が数台確認でき、ようやく今回無事にリベンジを果たせることを実感します

さて、初潜入の店内はカウンター10席に4人掛けテーブル×1、左手には小上がりが1卓あり右手奥にはお座敷も完備されているようです。

ハチマキを締めた気合い漲るおばちゃん連合軍が忙しなく行き来している様子や店前に出前用の車をVIP停めしているあたりからは、近所にはあの『すとうらーめん』さんや少し北へ進めば『はらだ』さんがあるにもかかわらず、いかに高い支持を得る出前の需要があるかを窺わせますね

メニュー

イメージ 2

定食からセット・ラーメン系にそば・うどんのこれぞ王道の食堂ラインナップ

いい感じに先客の皆さんが退店されたところでオーダー。
             ●カツ丼セット ¥800
イメージ 3

    イメージ 4   イメージ 5

イメージ 6

やっぱり初訪店では丼類と麺類を一度に味見できる欲張りなセットモノに限ります!

基本小の設定なのでボリューム的には一般男性のお茶碗サイズではありますが、そこそこの厚みでしっかり味が滲み込んだカツは旨し!!そこに振りかける七味のナイスアシストがまた最高

イメージ 7

    イメージ 8   イメージ 9

中華そばはうどんやそばつゆをイメージさせる鰹ダシが効いたしょっぱめの醤油スープにこれも醤油がギッチリ滲み込んだチャーシュー・メンマ・ネギ・ナルトの具材。

イメージ 10

一見オーソドックスに見える麺はモソモソとした食感の中太ちぢれ麺で茹で加減も上々密かにこの麺はいろんな味のスープに合う万能型タイプで次回は必ず味噌ラーメンで!と思わせるような美味しい麺でした♪

イメージ 11

サラダやお新香までついてこの価格はとってもお得で、その他もメニュー全般リ―ズナブルで嬉しい限り

ごちそうさまでした!

※詳しい時期は不明ですが閉店されました。
【電話番号】0235-66-4147
【営業時間】11:00~

【定休日】日曜日

このページのトップヘ