この日は所用で珍しく内陸方面へ。

イメージ 1

スケジュール上、麺活できるとすれば午前中の早い時間帯に訪店可能なお店に限られることから今回白羽の矢を立てたのが、過去訪れた多くのブロガーの皆さんが絶賛する名店と呼び声高い『山喜』さん。

こちらは喜多方の超人気店『喜一』さんで修業された店主さんが2014年4月にOPENしたお店で、今回念願の初訪店となりました

        イメージ 2

お店の特徴としては午前9時~の営業でアウェイながらまさかのシャッタ―長ゲットか?と一瞬脳裏を過りましたが、そこは人気店だけにそんな甘いもんじゃありませんね開店前で既に4組が待機中

お店の入口に用紙があり記名して連結後いよいよ開店であります!

さて、店内は正面が厨房で右手にテーブル席×8、左手に小上がり3卓のレイアウト。

オーダーは決まっていましたが一応メニューを拝見します。

メニュー

    イメージ 3   イメージ 4


    イメージ 5   イメージ 6

レギュラー以外の限定メニューにグラつきますが、初志貫徹のオーダーでその時を待ちます
      ▼山塩チャーシューメン 【硬め】 ¥970
イメージ 7

放射状に配置された喜多方スタイルのチャーシューが印象的な一杯登場!

イメージ 8

穏やかにアプローチしてくる透明度の高い上品なスープは大塩裏磐梯温泉の温泉水を薪窯で煮詰めるという独特の製法で作られた山塩の塩ダレがあと僅かにライトだったなら物足りなさを感じそうなギリギリのラインをキープした絶妙な濃度で、ベースとなる鶏なんかの動物系が生み出す豊かなコクとのバランスが見事に調和する洗練を極めた味わい

こりゃ~噂通り、すげぇ旨い!!!

イメージ 9

具材にはやわらかくジョリジョリとした食感が楽しめる細めのメンマにネギ・素材の旨味をキッチリ引き出した繊維に沿ってやわらかくほぐれる絶品チャーシューがたっぷり!スープに滲み出た脂がまたナイスアシスト

イメージ 10

丼底から一気に引っ張り上げた麺は平打ちの強めにちぢれが施された喜多方直送の中太麺でスープの持ち上げは抜群、啜った時の唇に与える振動が面白く麺量は160gほどと少なめですが不足感は一切なし

イメージ 11

圧巻の完成度は恐らく県内屈指、ラーメン好きな方には必食の一杯と言えそうです!!

メチャメチャ旨し!ごちそうさまでした!!!

※2020年5月、同町内に移転されました。
【電話番号】0238-57-2552
【営業時間】9:00~14:00(スープが無くなり次第終了)
【定休日】木曜日