庄内平野グルメ行脚・Ver.2

コチラは山形県庄内地方を中心に味はA級・値段はB級な絶品グルメを求め彷徨い歩く庶民派食べ歩きブログです♪

カテゴリ: 山形市 グルメ


ys9AL1hbDTzdgjp1593001596_1593001733

前回記事に続き山形市編。

帰り道に夜ご飯のお店としてターゲットにしたのは、天童市で23年もの間営業されていた『ら~めん本気や』さんの店主さんが人気店でありながら昨年9月に閉店を決断し場所も新たに屋号を変えリニューアルして同11月にグランドオープンされた話題の新店『健心』さん。


開店当時には麺辰さん城西金ちゃんさん・鶏冠さん
市内を代表する人気店からのお祝いが届いていたことから、タダモノではないお店であることは容易に察しが付くところ(汗)

早速初訪店をキメるとまずは券売機で食券を購入するスタイルであります!


メニュー
lQ5YhJnXPy2FQL31593001842_1593001953

濃厚醤油豚骨系をメインに展開していたメニューは鶏系・煮干し系へとガラリと方向転換され提供されている模様。

印象的なのはその価格帯で、デフォ700円アンダーと素晴らしくこの点だけでも高評価(拍手)

さて、温もりあるナチュラル・ウッディな内装が落ち着く広々とした店内は厨房に対面するカウンター×3・対面式のカウンター×6・4人掛けテーブル×3・2人掛けテーブル×1に小上がりと当初に比べ席数を少々減らしコロナ対策されている様子。

煮干しの文字に心揺さぶられますが、今回は…


   ▼鶏醤油らーめん・大盛 【硬め】 ¥780
q33nBM2F6pQ2YMw1593002034_1593002141

思う存分味わうべく、看板メニューを大盛で!

6asZjrAiPdaOjIC1593002225_1593002313

心地よい香りが印象的な醤油ダレは強すぎず、しっかり鶏のみから抽出されるストレートな旨味が絶妙にブレンドされたスッキリとした口当たりの清湯スープはとにかく激アツ!

さらに提供直前に投下される鶏油の存在もしつこくなく、じんわりとアプローチしてくる正統派な味わいは根底にどこかクラシカルな要素を感じさせつつ健心流にアレンジを加えることでネオクラシカル的に昇華。


WKD6f132ZUv5Wtf1593252920_1593252966

具材にはザクザクとした食感のメンマに低温調理風ながら噛み応えあるチャーシューが3枚搭載(嬉)され、シャキシャキのネギ・スープに溶かせば磯の風味が穏やかに香る海苔と充実した内容♪

PM9WpK4BcEowb031593002377_1593002441

スクエア型で全粒粉を配合したような風味豊かな麺は自家製のストレート細麺で、大盛であることから硬め指定でお願いしましたが、まるでお蕎麦に通ずるようなガッシリとした麺は非常に旨し!!

麺量もしっかりあり改めてコスパの良さや満足度の高さを再確認。

mzkERoikykZltlu1593002484_1593002563

結果、大盛なのに掟破りのKK(苦笑)

特に年輩の方々にはハマりそうなポイントが盛り沢山な一杯ではないでしょうか?

安定した人気店に上り詰めたスタイルを捨て、新たな味で勝負する店主さんの姿勢にリスペクト!

噂通りの一杯に納得、ごちそうさまでした!!

【電話番号】023-676-7829
【営業時間】11:00~14:30(Lo.14:00)/17:00~20:30(Lo.20:00)※材料無くなり次第終了
【定休日】水曜日
【お店のTwitter】https://twitter.com/ra_menkensin


 キッチリと宿題店だったニボラーを頂いた前記事後、実はこの日山形市に1泊であったことからここは未訪のラーメン店ハシゴか?はたまた…と悩みますが、こんな機会はなかなかないだろうとこのタイミングで人生初の一人飲み決行!!

btN1S1S1R5YKDa91592349568_1592349627

そこで今回白羽の矢を立てたのは市内でもトップクラスの知名度を誇る激コミ必至の超人気店で、元々は朝日町で営業されていたというルーツを持つ【小柳】さん。

香澄町の本店をはじめ、七日町店・地下店・孝四郎さんと今や系列店含め市内4店舗を展開する中からアタックしたのは2010年11月にOPENされた七日町店』さんであります

外観は年季が入っており趣がありますが、賑やかな声が漏れる店内は厨房に対面式のL字カウンター×7席・2人掛けテーブル×2に小上がり2卓のレイアウトでこれぞ焼き鳥屋さん!といった落ち着いた空間で先客も2組とそれぞれコロナ禍のご時世だけに程よい距離感を保つナイスな環境(嬉)

お店は店主さんの他スタッフさん2名でお客さんとの会話を楽しみながらの和気あいあい営業。

まずはスタッフさんから促されしっかりアルコール消毒を済ませ席へと案内されます。

メニュー
g8wIY9hpacUamCR1592349818_1592349901


k2b5elQD6lUgigi1592349738_1592349803

焼き鳥屋さんということもあり価格帯もリーズナブルで、メニュー数が余計に多くなく味で勝負!といったお店のポリシーが伝わるメニューにワクワク♪

         ●生ビール ¥500
5XT0sCJLWzR5tr91592349929_1592350018


まずは瑞々しいクリアな喉越しが特徴的なプレモルで乾杯(照)

         ●お通し ¥300
Qfus8aG6MUtlbAr1592350099_1592350137

お通しのお漬物を頂きながら、さぁ今宵のお楽しみ!メインとなる焼鳥は手始めに全て塩でオーダー!!
         ●レバー ¥130
zeIiv2CkyFkBHRz1592350179_1592350254

先行して到着したのは必ず押さえておきたいレバーで、外はカリッと中フワトロ食感の大振りなサイズが嬉しい納得の満足度でいきなり旨い!!!
         ●とり・ハツ・さがり 各¥130
1ZELHzGNxM4O34Y1592350279_1592350334

続けてのとり・ハツ・さがりも正直価格帯からすれば妥当なボリュームとも思えますが、それぞれジューシーな焼き加減は秀逸で食べ応え十分(焦)

生をおかわりし、勢いづけ更にタレor定番の豚足チャレンジや一品モノを攻めたいところでしたがここで麺活でのKKが影響したか満腹中枢がレッドゾーン到達で無念のお会計(苦笑)

噂通りの美味しい焼鳥にスタッフさん達の感じの良い接客に加え、提供時には焼鳥の部位をしっかり紹介してくれる心遣いに拘りを感じますね。

i9WcsNZqVuBNmfV1592349648_1592349717

コロナ禍でも消毒の徹底を前提に、短時間滞在での利用やお店の混雑具合で判断するなど工夫すれば問題なく逆にゆったり満喫できた山形ナイト一人飲み。

オーダーの仕方によっては一次会で一気に〆まで済ませられる充実したメニュー内容だけに、他系列店も併せて是非またお邪魔したいお店でした

ふぅ~満腹、ごちそうさまでした!!
【電話番号】023-642-5005
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】日曜日


特に飲食店各位におかれましてはホントにもう死活問題であったこの度のコロナ騒動。 

現在のところ県内では優れた県民性もあってか発症者も0ベースで抑えられているとのことですが、万が一を考えればまだまだ外食を控えている方が多数と思われる中で当ブログ管理人としても徹底したSTAYHOMEを実施していましたが、一方ではあのケンチャンラーメンの新店が7月OPENとの明るいニュースも飛び込んだこの日は所用で山形市入り。

もしもまた食べ歩きができたなら、そこはモチのロンで地元庄内のお気に入り店からであろうと思っていましたが熟考した結果、このチャンスを逃せまい!としっかりとした予防のもと再開することに。

毎度ご訪問下さる皆さん、お待っとさんでした!!(愛川欽也わかる人だけ爆)

in6b16Rt7aEp2DI1592039766_1592039950

そこで山形市内にはまだまだ沢山の宿題店がある中、今回ターゲットにしたのは文翔館へと続く通りに2019年10月にOPENされた『鈴木商店』さん。

hLI6h9CX4AjvoqH1592040017_1592040102

新店で“煮干し”を謳うお店とあれば当然スルーする訳にはいかず、ようやくの初訪店であります

ngxslS30CYd3SSV1592040253_1592040367

左手に6席・右手に4席ほどと適度に間隔を空けたレイアウトの店内は独学で出店されたという店主さんのワンオペ営業の模様。

それぞれ等間隔に消毒もバッチリ配置する念の入れようでコロナ対策も万全、安心して利用することができますね(嬉)


メニュー

nEMa1fW8svA5FhM1592040151_1592040230

まずは入り口右手に設置された券売機から発券。

PWQGHqkFSmVLrvL1592040396_1592040470

席に着き店主さんに食券を手渡し再度メニューと睨めっこをしていると瞬時にコチラにお邪魔した暁には個人的好みから“濃厚煮干しそば”をオーダーするつもりでいたことを思い出しますが時既に遅し…(汗)

ラオタの諸先輩方からお叱りを受けぬよう、初訪店なんだから常識的にデフォだろう!と自分自身に言い聞かせ到着を待ちます(自業自得爆)

   ▼煮干しそば ¥700
dDtqGEqh83RLIQy1592040492_1592040561

リサーチしていた通りの2種類を使い分けるチャーシューが印象的な一杯到着!

sYaoZl3kTtbtjX51592040585_1592040628

鶏白湯をベースに全国から厳選した煮干しを使用したというスープは内陸でも特化したことで今や確固たる地位を築いた人気店・東根市の高橋商店さん天童春馬さんのような強烈な濃度のニボテイストを想像していましたが、どちらかと言えばややライト目な仕上がりでキッチリと煮干しのクリアな旨味が広がる美味しさは元来動物系スープに馴染み深い内陸部で幅広い客層を考慮すればこその妥当な仕様に落ち着いていると言ったところでしょうか。

SurBBMaomxKF5TZ1592040647_1592040690

具材には食欲を引き立てる炙りとまるで生ハムのような低温調理を施したレアタイプの違った食感を楽しめる2パターンのチャーシューが特徴的で、その他ジョリジョリメンマにスープに浸せば磯の風味が心地よく香る海苔・バッチリ清涼感を放つ新鮮なネギと抜かりナシな内容

8o8B8VVc9M9GG1L1592040711_1592040747

麺は多くのお店が厚い信頼を置く酒井製麺製と噂される手もみを加えたような緩くウェーブした特注の中太麺で、硬め指定せずともやや芯を残したような絶妙なコンディションで旨し!!

9ENCoUE6RosAt7q1592040794_1592040845

この後のスケジュールも鑑み敢えて麺量180gの並盛オーダーで庄内基準からすれば少なめですが、数か月ぶりの店内飲食でテンションも上がりその分ついつい最後の一滴まで飲み干しちゃいました♪

食後に残る煮干しの香ばしい余韻に懐かしさすら感じた今回の麺活(しみじみ)

濃厚は次回のお楽しみに(笑)


ワンオペで奮闘する店主さんの煮干し愛感じる一杯、ごちそうさまでした!!
【住所】山形市旅篭町2-2-25カメリアコート
【電話番号】023-616-3730
【営業時間】月~土曜日 11:00~15:00/17:00~20:00(スープ無くなり次第終了)
【定休日】日曜日・祝日


  ~若き店主の丁寧な仕事ぶりが光る一杯!~の巻  
当ブログの更新も間もなく終了を迎えるにあたり、この日はお盆休みを利用して宿題店だったお店へ向かうべく一路山形市内へ。

イメージ 1

ラーメン王国山形だけに魅力的なお店が多く特に内陸は距離もあることからまだまだお邪魔できていませんが、中でも常々筆頭に挙げていたお店が2018年1月に飯田から移転OPENした市内でも高い人気を誇る『陽風』さん。

コチラは詳しい方ならご存知、あの石神さんでお馴染み“食の道場”出身で元整備士のキャリアを持つ若い店主さんが奥さんと二人三脚で切り盛りするお店のようであります。

前店舗時代からモチのロンでマークしていましたが今回ようやくの初訪問になりました

イメージ 2

まずは入り口を入ると券売機がお出迎え。

スタッフさんに促されるままに食券を購入します!

メニュー

イメージ 3

基本は看板メニューのデフォとあっさり/濃厚から選べる数量限定の白湯に味噌・油そばのラインナップのようですが、現在は季節メニューを提供していることからメニューは絞られている模様。

真新しい清潔感いっぱいの店内は厨房を囲むようにカウンター×5ほどに4人掛けテーブル×3卓・窓側に女性専用席2席を含むカウンター7席と奥に4人掛けテーブル×1のレイアウト。

さすが人気店だけに若者から子供連れまで客層は幅広く、しばらく待機しますが間もなくスタッフさんに食券を渡し席へ案内されます
       ▼山形中華そば 【硬め】 ¥670
イメージ 4

数量限定の文字にかなり迷わされますが、ここはオススメに従い看板メニューのデフォを。

イメージ 5

鶏油由来と思われる油浮きが確認できるスープは鶏・豚の動物系をベースに煮干しや昆布なんかの魚介系に椎茸等からじっくり引き出したバランス重視型で、程良くキレのある醤油ダレが絶妙にまとめるスッキリとした清湯タイプは年齢問わず多くの方々が美味しく頂けるような味わい。

なるほど、コレは評判通りかなりレベルが高くウマー!

イメージ 6

具材にはキッチリ味の滲み込みが見て取れる豚チャーシューにしっとりとした低温調理で仕上げた鶏チャーシューの2種を奢り、あの超人気店・龍横健に負けず劣らずの迫力を放つ穂先メンマ・海苔・ネギ・糸唐辛子で彩りにアクセントを加える充実の内容

イメージ 7

一日熟成させる並盛り200gの多加水麺は平打ちの自家製中太ちぢれ麺で、啜る度に強めにちぢれたプリシコな食感が楽しく硬め指定することでコンディションは抜群!!

麺もメチャメチャ旨いね~!!!

このクオリティの高さからして某超人気店のめんぷろに師事されたというのは紛れもない事実のようで、汁なし系がメニューにラインナップされているのも自信の表れでしょうね(納得)

イメージ 8

食べ始めからのスピードは落ちることなくほぼ瞬殺のKK・Vフィニッシュ

調理する姿から真面目で努力家であろう人柄がヒシヒシと伝わる店主さんや奥様の優しく親切な対応がありがたく、大変気持ち良く利用することができました

ハイレベルな味にコスパも上々、オペレーションも素晴らしくマイナス要素が一切感じられない優良店♪

わざわざ庄内から足を運んだ甲斐がありました!大満足のランチ、大変ごちそうさまでした!!!
【電話番号】023-673-9493
【営業時間】11:00~14:30
【定休日】日曜日


前記事に続き昨年決行した宮城プチ旅行蔵出し編。

山牛さんで大満足の夜ご飯を楽しんだ後は山形市内に素泊まりプランで宿泊。

イメージ 1

翌日、朝ご飯のタ―ゲットにしたのが定食でも朝ラーでもなく(笑)美味しいパンが評判の『ラ・プロヴァンス』さん。

休日の朝とあってか既にパン好きなお客さんでイートインは混雑気味…(汗)

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

店内には豊富な種類の美味しそうな焼きたてのパンが時間ごとに次々陳列されていきます!

イメージ 5

これにはパン好きでなくとも自然とテンションが上がり2~3個購入しコーヒーと一緒に頂きましたが、快晴の空の下、朝に外出先で食べるパンはなんか新鮮でリア充(笑)
【電話番号】023-687-0840
【営業時間】平日9:00~19:00/土日祝日7:00~19:00
【定休日】木曜日(祝日営業)
程良くお腹を満たしたところで一路宮城へと向かいます

無事宮城入りすると、スケジュールをこなしお昼ご飯にやって来たのは…

イメージ 6

コチラはその名の通りお肉やお魚・野菜まで取り揃う市場で飲食店もお寿司から牛タン・カレー・ラーメンと充実しているだけに常々お邪魔してみたいと思っていた施設で、お土産の調達にも重宝すること請け合い

イメージ 7

今回利用したのはしっかりとリサーチはしてきたものの、ランチタイムも後半戦ながら行列が絶えない激混みぶりに唖然とした『どん辰』さん。

メニュー

イメージ 8

             
    イメージ 9   イメージ 10

これまた魅力的なメニューにかなり悩まされますが…
       ●土日祝日限定・北海丼 ¥890
イメージ 11

曜日限定縛りの誘惑にあえなくオーダー(汗)

イメージ 12


イメージ 13

カニ・イクラ・ホタテ・エビにサーモン・イカも搭載されていたでしょうか?オマケに卵焼きまで付いた鮮度抜群の海の幸が満載!!

うんま~っ!!!

惜しむらくは配膳後に大盛りサービスを知ったことのみ…(大汗)
【電話番号】022-762-5701
【営業時間】9:00~19:00(飲食店)11:00~19:00店舗によって営業時間が異なります。
【年中無休】※元旦を除く。
イメージ 14

旅のプログラム予定も押していることからほとんど食事以外物色できなかったのが心残りではありましたが、この後はアウトレットの商業施設でお買い物を楽しみこの旅メインのお宿を目指します

このページのトップヘ