庄内平野グルメ行脚・Ver.2

コチラは山形県庄内地方を中心に味はA級・値段はB級な絶品グルメを求め彷徨い歩く庶民派食べ歩きブログです♪

カテゴリ: 尾花沢市 グルメ


この日のお休みは久しぶりに気分転換を兼ね人混みがないところを狙って最上エリアにおでかけ。

yWwz6CYFep91vaP1595682280_1595682427

お楽しみのランチ会場としてターゲットにしたのはご夫婦で開業されたお店が二十数年を迎える『かめや』さん。

l1XML2eSFHTD5Wl1595682607_1595682706

一軒家を改装した店内は広めのフロアに7卓ほどで市街地から離れた場所にしては噂通り多くのお客さんで賑やかであります♪

コチラは旦那さんが早朝からスープの仕込みを担当され、営業時には奥様が調理を一手に担うスタイルなのだそう。

メニュー
x9B997WKBayoLPj1595682740_1595682859


V0IopvLxYisOq6D1595682890_1595682947

中国料理と冠するお店だけにメニューもバラエティ豊かで迷いますが今回は…

   ▼サンラータン ¥840
tYFUuFsrtQ8Bwrv1595682978_1595683002

モチのロンで看板メニューをオーダー!

mQelBnJX4Wd2NAt1595683040_1595683103

鶏ガラや・豚などの動物系をメインに豆板醤ベースの特製ダレ由来のほどよいピリ辛テイストと一般的なお酢とは違った香酢のような酸味が特徴的なスープはフンワリ卵がマイルド感を好アシストする絶妙な仕上がり。

エビ・イカ・アサリの海鮮系にモヤシ・ニンジン・キクラゲ・ニラ・千切り状にされた白菜のシャキシャキ感が面白い具材がそれぞれ少量ずつ搭載されており、お肉が入っていない分よりストレートにそれらの旨味が楽しめます!!

トロミ加減もキツ過ぎずユル過ぎずで、ついライスを追加したくなるヤツですね(笑)

Egsio7e57i6vnxL1595683121_1595683172

合わせる麺はモッチリとしたコンディションの平打ち気味な中太ちぢれ麺でタップリスープや具材を引き上げる美味しい麺。

会計時に庄内からお邪魔した旨を伝えると、なんと奥様は鶴岡市のご出身だそうで親しみを感じずにはいられませんでした♪

ラオタの方なら赤倉温泉の人気店経由からのハシゴであったり、銀山温泉の観光に訪れる方々にもオススメできるお店ではないでしょうか?

汗ダク必至のランチ(笑)美味しかったです!ごちそうさまでした!!
【電話番号】0237-22-2965
【営業時間】11:30~14:00(夜は予約のみ)
【定休日】月曜日


休日のこの日は所用で天童方面からの帰り道、途中温泉に立ち寄り汗を流すと時間は夕飯どき。

そこでやって来たのが県内を代表するスイカの名産地として知られる尾花沢市。

c62w3IIRdKhFXkb1573033766_1573033833

このエリアにも宿題店としている飲食店が何軒かある中、中華料理な気分でお邪魔したのが『竹八』さんであります!

いつも拝見している某人気ブロガーさんもお墨付きの人気店のようですね。

店内は厨房に対面式のカウンター×4に6人掛け・4人掛け・2人掛けテーブルが各1ずつに右手には広めの小上がり5卓ほどと単独~家族連れまでが気兼ねなく利用できるレイアウト。

メニュー

2QL5OFCEvXeMWp21573033858_1573033902


KrXZU6iJotbJsw61573281575_1573281627


xIzxIVvjzeVDx7k1573281648_1573281757


xE7X0LqCWcBJVIn1573281186_1573281292


APZHrO6LK85Rhu21573281319_1573281375


Bh58OzSpQrd0gYN1573281399_1573281461


wkXidUtyOdWNJh11573281484_1573281548

中華料理店でありながらソレ系のメニューはポイントを抑えたモノに絞られ、独創的な麺類の充実したラインナップに気合が入ります!

お風呂上りだけにまずは…

   ビール ¥500
6qMS4yZkGGXmxQJ1573281787_1573281882

力水とばかりにビールを注入(爆)

   ▼元気ラーメン・大盛 ¥750+¥150
SaDyDKV1QFu6JN51573281905_1573281965

気になるメニューが目白押しの中からここはやはり初訪だけに看板メニューを。

YB5kztYDddnNf0k1573281989_1573282051

豚なんかのどっしりとしたコク深い動物系の濃厚な旨味が特徴的で、ニンニクをガツンと効かせ背脂チャッチャが降り注ぐどこか家系チックな無化調スープは醤油ダレの塩味と脂の甘さが絶妙!こりゃ~旨い!!

近年家系や燕三系のコッテリしたモノはあまり頂く機会が減りましたが、見た目に反してしつこさがなくグイグイと軽快に飲めるあたりはさすがの一言でなるほど一番人気というのも頷けますね(凄)

QtJr1B2je8Xe6Nh1573282080_1573282103

肉厚でほろりとほぐれる絶品グルグルチャーシューにやわらかく戻された穂先メンマ・ほうれん草・海苔・ネギ・半割り味玉とそれぞれの具材が実に手の込んだ素晴らしい内容(拍手)

6JbBtcRkN6SHIri1573282130_1573282192

極め付きは4種類の小麦をブレンドしそれぞれのメニューに合わせちぢれ麺・太麺・ストレート麺と3種類のタイプを使い分けるというこだわり満載の自家製麺。

ツルモチな食感でコンディションも上々な中太ちぢれ麺は麺量350gと食べ応えも十分。

庄内でも中華料理屋さんで自家製麺と言えば酒田市の歓館さんや旧櫛引エリアのなるみさんなんかが挙げられますが、なんと限定メニュー(この日は喜多方風チャーシューメンでしたが)までリリースしているのですから凄すぎで、どれほど店主さんがラーメンに情熱を注いでおられるか思い知ることができました…(驚)

他にも同行者がオーダーした評判の“陳麻婆豆腐”も味見しましたが、麻・辣系のスパイスを駆使した刺激的な味わいで美味。

中華料理・ラーメン好きな方にはぜひオススメしたいハイレベルなお店でした♪

リピは確実、ごちそうさまでした!!
【電話番号】0237-23-5539
【営業時間】11:00~14:30/17:30~21:30(L.o.21:15)
【定休日】毎週水曜日・毎月7・8日は休業する場合アリ(その他不定休アリ)


この日は最上エリアで所用を済ませるとランチタイム。

久しぶりに新規店の開拓と行きたいところですが、それなら存在を知った十数年も前から一度お邪魔してみたかったお店へ行ってみよう!とやって来たのは村山地方の玄関口・スイカの名産地で有名な尾花沢市。

イメージ 1

この辺りに住む方やドライバ―職の方々にはもはや常識であろう人気店『ささにしき食堂』さんに初訪問です!

現在では尾花沢新庄道路の開通に伴い車の往来も少なく旧道沿いの目立たない立地となるも、その味に魅了されるお客さんは今だに多く、根強い人気を誇るお店であります。

イメージ 2

タヌキがお出迎えしてくれる入口には過去多くのお客さんが潜ったであろう暖簾が歴史を物語りますね。

イメージ 3

さて、お店は左手に4人掛けテーブル×4ほどと右手に進めば広々としたフロアに小上がり9卓が完備されたドライブイン的要素満載の落ち着いたレイアウトでやはり家族連れが多く利用されている模様。

しかしながら来店される半分ほどのお客さんは持ち帰りというのも印象的ですね

メニュー

イメージ 4


イメージ 5

何気にデフォのワンコインを始め麺類のリ―ズナブルさに後ろ髪を引かれる思いでしたが、ここは初志貫徹を貫きオーダー。
             ●ホルモン煮込み定食 ¥800
イメージ 6

               イメージ 7   イメージ 8

丼飯にお漬物・豆腐・海苔までが付属したご飯がはかどることこの上ない充実した内容は嬉しい限り

看板メニューの鉄鍋で提供されるアツアツのホルモンは豆腐・こんにゃく・白菜・などとじっくりと味噌味で煮込まれていて、そのやわらかさは今までのホルモンのイメージが一変するほど!!素晴らしく激旨!!!

イメージ 9

どっさり入ったトロトロのホルモンから滲み出た旨味たっぷりのスープは程良いニンニクの風味とクタッとした白菜の甘味がこれまた絶妙

イメージ 10

これには堪らず序盤から唐辛子を振りかけロケットスタートを切ると夢中で味わい超高速でKK(笑)

イメージ 11

まさに絶品B級グルメと呼ぶに相応しい大満足のお昼ご飯でした!ごちそうさまでした!!!
【電話番号】0237-25-2433
【営業時間】10:30~19:00
【定休日】不定休

このページのトップヘ