SuJwu35NhScK3Ev1584450076_1584450101

この日気合十分でランチにやって来たのは今や市内屈指の行列店にまで成長を遂げた超人気店『琴の』さん。

※前回までの訪店記事 ①中華そば・試食会Ver編
           ⑨中華そば・濃い口・こってり・ヤワめ・味玉TP編
           ⑩平日数量限定・やまがた地鶏らーめん・大盛り・孟宗竹メンマTP編

お気に入りのお店でありながら随分とご無沙汰していたのもお馴染みの光景となった連日の激コミが原因で、食い込むことすらままならないことからでありました…(大汗)

そこで今回こそは勝負を賭けるべくお店周辺をうろつくことしばし、絶好のタイミングを逃さず駐車を済ませいざ行列に連結します!

60UOff6yjOU8GZ91584450161_1584450299


m6CTE1dfo4yV9T81584450425_1584450485

しかしながらさすがは繁盛店、お客さんはそれぞれ思い思いのオーダーで食事を楽しんでいる割には店主さん始め3オペでありながらその回転の良さには目を見張るものがあり待機時間中もストレスを感じることなくあっという間に案内されます(凄)

メニュー

GVRkco5ldxAg1El1584450591_1584450655


joPmLfoorQumWhN1584450858_1584450986


j8UpFhePCa4WoPx1584450691_1584450829

新メニューやトッピングが増え随分とバリエーションも豊かで充実しており、モチのロンで昨年9月よりリリースした塩中華そばも宿題メニューになっている訳ですが、ここはやはり今年1月から冬季限定提供されている一杯に照準を絞ります!

▼冬季限定・味噌中華そば 【味玉TP】 ¥800+¥100
phDeZF9cYoKle3A1584451010_1584451069

やはり本家同様に味噌中華そばと謳うだけに“味噌ラーメン”とは一線を画す一杯到着♪

vEafoy8sQ69GaIy1584451746_1584451806

さて、興味津々のスープは旧藤島町の日本料理わたなべさんの自家製田舎味噌に名酒くどき上手で知られる旧羽黒町・亀の井酒造さんのもろみに加え信州味噌などを練り込んだ特製味噌ダレがベースで、ファーストインプレッションはよくあっさり系で使用される親しみあるナチュラルなアプローチでありながら飲めばしっかりと心地よい味噌の芳醇な旨味が口いっぱいに広がり最後は僅かに感じるショウガの爽快な風味を置いてお腹に収まるこの絶妙なストーリー展開(驚)

これは素直に凄い…そしてマジで旨い。

lVUNSUP558svRBs1584451836_1584451866

具材にはチビッ子から年輩の方まで幅広い年代の客層に受け入れられているであろうやわらかく薄めに切り出すことで何枚も食べたくなるチャーシューはこの日も絶品!歯応えを楽しめるメンマに瑞々しい清涼感がまたこのスープに映える鮮度抜群のネギ、ネットリとしたコンディションの味玉と盤石の内容。

k8RMvUqMUOkz5I81584451889_1584451987

合わせる麺はシャリシャリとした唯一無二の食感が強烈なインパクトを与えるウイング麺。

その独特な形状だけに正直好みは分かれそうではありますが、かなり久しぶりながらスープの持ち上げの良さは変わらず最後まで美味しく頂けました(嬉)

今だ癒えぬ店主さんのくるまやロスの影響もあってか(笑)トッピングには納豆もラインナップされており、個人的には今回初めての実食であることからこの繊細感溢れるスープにはもったいないと回避したものの、常連さんであれば当然いろんなトッピングを試したい欲求に駆られることは間違いのないところでしょうね。

  ●ニグめし ¥250
2uiluJf3qhz4UsI1584452432_1584452499

ここまで完成度が高いと当然替え玉は最低限考えていましたが、味噌との相性からついつい名物のニグめしを追加オーダーして〆のフィニッシュ

相変わらずの旨さに備え付けの醤油ダレを回し掛けるのを忘れ、挙句の果てにはメインの味噌中華そばでさえテッパンの唐辛子で味変すらも出来ず只々没頭させられた今回の麺活(汗)

未食の方はぜひとも残り僅かとなった今月末の提供終了まで急いで!!

メチャメチャ大満足のお昼ご飯、ごちそうさまでした!!!
【電話番号】非公開
【営業時間】11:00~14:30
【定休日】木曜日
【お店のtwitter】https://twitter.com/nknk9251