庄内平野グルメ行脚・Ver.2

コチラは山形県庄内地方を中心に味はA級・値段はB級な絶品グルメを求め彷徨い歩く庶民派食べ歩きブログです♪

         更新が滞る中、沢山のご訪問ありがとうございます♪


当ブログではできるだけ新店レポを優先することをポリシーとしていることから、先日旧櫛引町エリアの某新店に伺ったところ珍しく“撮影禁止”の文字が…(汗)

ネット上にも情報がほぼ見当たらなかったのはその為だったんですね。

さすがに画像なしで記事をアップできるほどの文章力は持ち合わせていないことからお蔵入りになりましたが、同じく今後お邪魔してみたいと考えていたラオタやラーメン好きの皆さんには注意が必要であることをお知らせして今回の本題へ。

この日は夜ご飯を頂くべく訪れたのは鶴岡市。

Rdfqkqo6NjafWzb1601032604_1601032666


特に営業しているラ-メン専門店なんかは選択肢が限られる中、ターゲットにしたのは昨年11月のOPEN時以来のご紹介となる『榊』さん。

※前回までの訪店記事 ①煮干し中華・あっさり編

コロナの関係上現在は時間を短縮して営業されていますが、何と言っても通し営業が最大の魅力ではないでしょうか?

イケメン店主さんがホール係を担当するコチラは3オペで、厨房に対面式のカウンター・テーブル席のレイアウトからなるキレイな店内にはまだ先客2組ほどと絶好のタイミング。

いつもは勝手に撮影(失礼)しますが、この時ばかりは愛想の良い店主さんに撮影許可をしっかり頂きいざ!

メニュー

ad9qu2LIYJ3r9jY1601032745_1601032808


NV0dc13lDboOegd1601032845_1601032899


6zissRyHlNFkKNQ1601032919_1601032973


1rN81GNQEKngtHD1601033696_1601033815


yPVLlZGsTlcH9qh1601032992_1601033051


A4JK6RbA19V3sDh1601033837_1601033892


WvfIdGEgbo4HNFG1601033915_1601033964


jJwQwHD8HgEP1jX1601033985_1601034041


iSphBh0bVwApzCS1601034066_1601034140

注>お酒メニューは割愛。

オーダー時にはスタッフさんが手をしっかり消毒してくれる徹底ぶりです(感心)

   ▼辛ねぎ味噌らぁ麺 ¥850
9R7FPDOq01UtO0I1601034159_1601034217

今回のターゲットは6月にリリースされた味噌メニューからセレクト。

LYrTjBByzlr1ClL1601034236_1601034292

これぞ味噌ラー!と言わんばかりに数種類の庄内産味噌をブレンドし、食堂系のライトなテイストとは違ったコク深く濃厚に仕上げたスープはウマー!!

控えめに背脂・ゴマを散らしお好みでショウガorニンニクを無料トッピングできるサービスも(嬉)

個人的カテゴリとしてはあのくるまや系インスパとも受け取れるような味わいに、この日ビミョーに体調不良でなかったなら間違いなく“おかわり自由”のライスと併せていたでしょうね(maybe爆)

Tb0VXH43OdTsVin1601034325_1601034366

具材にはゾクゾクッとした食感のメンマにお馴染みの大判タイプのチャーシューは前回よりもやわらかでより食べやすく、辛味を施したネギにモヤシや背脂・トッピングで刻みニンニクを投下すればG系寄りのジャンクさも楽しめる内容。

KS3eFs02K6M5pvc1601034388_1601034442

味噌には相性抜群のデフォ麺を応用した富樫製麺製のずっしりとした極太ちぢれ麺はコンデションも上々、あえて並盛オーダーでしたが麺量200gながら食べ応え十分の美味しい麺です!!

お店のtwitterなんかを拝見してもスープのコンディションが良くない日には臨休にするなど、強い拘りには好感が持て2度目の訪店でしたが前回同様にスタッフの皆さんの変わらない明るく元気な接客に大変気持ち良く利用することができました♪

ガチのランチでも〆ラーにも使える利便性の高いコチラは間もなく塩味のメニューもリリース間近の模様でそちらも楽しみですね!

これからの時季にはピッタリの味噌ラー、皆さんもぜひご賞味あれ!ごちそうさまでした!!
【電話番号】0235-26-8383
【営業時間】11:30~25:30(Lo.25:00)11:30~21:00
【定休日】木曜日(月に一度水・木曜日連休アリ)
【お店のtwitter】https://twitter.com/ramensakaki


前記事で新庄市のソウルフードを頂くも 、どうにもこうにも当初予定していた新店への初訪店が幻となったフラストレーションからか庄内へと無事帰還するも納得できずに辿り着いた先は…

uiSqFFBxnbREjip1600642091_1600642149

コチラも激コミ必至の人気店『銀華飯店』さんでありました(笑)

※前回までの訪店記事 ①あんかけチャーハン×餃子編
           ②ニラレバ炒め・ライス編

お昼も後半戦の店内はそれでも6割ほどの利用率…(凄)久しぶりの訪店ですが店主さんとオバチャンのツーオペでいつも通りに営業中。

メニュー

gIPGa7nZgcDRWIW1600642226_1600642267


jNQ0XX69AEUzDss1600642166_1600642210

驚くことに増税後の現在でも値上げ幅はそれぞれ20~30円の微増とこれだけでも我々庶民のハートをガッチリ掴んで放しません(拍手喝采)

だから好きなんだよ♪

早速今回は恥ずかしながら未食の麺類からターゲットの五目ヤキソバオーダー!が、

終わりました…。との非情宣告が…(滝汗)


今日は“完全に踊っちまったぜ…”

e811dd1e-s




       マジなんか…。






この日2度目のアクシデントに為す術もなくしばらく放心状態に陥り、かなりのインターバルを置き再オーダー。

   ●もやしそば¥580
jjiCEGmsH0ryoHW1600642278_1600642312

多くのお客さんは看板メニューのあんかけチャーハンや炒め類のオーダーでありましたが、孤軍奮闘(意味不明)麺類で。

イメージ通り醤油ベースのスープに肉野菜炒めを餡でとじた中華屋さん定番の一杯はモチのロンで激熱!

さらには不覚にも店主さんのファイヤーパフォーマンスが目の前で繰り広げられるスーパーアリーナ席へ着席したこともあって灼熱の熱気が凄まじく板挟み状態で秒で汗ダク(悲鳴)

cU1nbhdUrFUKqAk1600642338_1600642403

具材には豚肉・モヤシ・ニンジン・ニラ・キクラゲとスタンダードながらしっかり味が滲みているのがポイントでしょうか?普段ならライスも併せて頼みたくなるやつですね。

UbvRGAxuUYAhwbb1600642417_1600642465

麺は低加水の中細ややちぢれ麺で、意外にも具材の量の方が多めに感じ麺量は控えめな印象。

それでも総合的に味は当然ながら抜群のコスパの良さは今も色褪せることはありませんね(流石)

これぞ理想の町中華、美味しかったです!ごちそうさまでした!!
【電話番号】0234-23-2461
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】日曜日


この日のお休みは新庄市の某新店に突撃を試みるもまさかの臨休…(滝汗) 

“踊っちまったかよ…”


TV68p2rcpBQr7Ge1600557283_1600557312

完全に戦闘モードであったことからしばらく呆然としますが、そのまま退却できるハズもなくリストから次候補をセレクト。

za3Oh5lMhbHhP321600554973_1600555039

ここ山形は庄内・最上・村山・置賜と大きく4つに分かれており、それぞれのエリアにご当地ラーメンが存在。

その中でも最上エリアを代表するのが鶏もつを使用した“もつラーメン”でソウルフードとしてあまりにも有名ですね。

今回は市内に3店舗ある系列店から分店が閉店されたとの情報も踏まえ、もつラーメン発祥のお店として知られる昭和25年創業の超人気店『一茶庵支店』さんへお邪魔することに。

ようやく涼しくなり心地良い風が入る店内は厨房と対面式にカウンター×4・6人掛けテーブル×2に小上がり3卓、2間ほどのお座敷も解放されている模様。

開店間もなくながらお座敷以外は既に埋まる繁盛ぶりに女性軍で構成された3オペの厨房はいきなりフル回転の様子(凄)

メニュー

GFI0Foq8vVICUHD1600555062_1600555117

オーダーと同時にもれなく名前も伝える珍しいシステムであります!

   ▼もつラーメン ¥650
7JupBnS9pQ297BW1600555142_1600555188

ラーメンに目覚める以前に初めて頂き苦手意識が芽生えた(笑)以来、およそ20年ぶりの時を超え再食(汗)

MvweNbBYQhesW2q1600555285_1600555334

鶏ガラ系がメインと思われる僅かに酸味を帯びた特徴的な清湯スープは程良くオイリーでコクがあり旨味たっぷりな味わいが健在!今も変わらずグイグイと飲めますね♪

hUZlSeQDUf3FE6x1600555354_1600555377

具材には非常に好アシストする新鮮なネギ・ジョリジョリメンマに食べ慣れないこともあって苦手だったレバーやハツ・砂肝・キンカン等独特な食感や風味を持つ名物の鶏もつは今となっては抵抗なく頂け(無事成長笑)このクセこそが鶏もつラーメンの魅力なのだろうと再確認。

6jLRMo247MfYd711600555394_1600555440

どことなくソーメンライクで滑らかな平打ちのストレート麺は幅広い客層に合わせた標準的な茹で加減でスープとの相性もピッタリで美味しく頂けました。

次回はもつラーメンの提供はしていない本店にもお邪魔してみたいですね!

歴史ある食文化が生んだ伝統のご当地ラーメン、ごちそうさまでした!!
【電話番号】0233-22-2377
【営業時間】11:00~14:30/16:00~18:00
【定休日】月曜日

このページのトップヘ